介護福祉士に適性がある人

介護福祉士への道

自分に合った資格取得の行程を選択

介護福祉士はなろうと思ってすぐになれるものではありませんし、いくら筆記試験と実技試験に自信があってもそもそも受験資格がなければ受験することもできません。介護福祉士を目指すのであれば受験資格についてここで理解しておきましょう。

特集カテゴリ 介護福祉士の基本知識
介護福祉士を目指している人へ

福祉系の資格で唯一の国家資格である介護福祉士を目指している人に向けて介護福祉士になるまでのプロセスを紹介しています。またすでに介護福祉士の人にも役に立つ転職に関する情報なども扱っています。連絡先:こちらまでお願い致します。

介護福祉士を目指している人へ

適性があるのはどのような人か

適性があるのはどのような人か
[`evernote` not found]
LINEで送る
Pocket

人と接することが好き

介護福祉士の仕事は人に対して行う仕事内容がほとんどですので、人と接することが好きな人にとても向いている仕事と言えます。しかし人と接することがどれだけ好きな人でも実際に介護をすることで利用者の方たちからイライラして怒られることや、その家族の方からクレームを受けることがあります。
同じ職員や連携する他の仕事をする職員、利用者とその家族など、接する人の幅も広いため人と接することが好きな人でもストレスがたまる仕事です。そのため人と接するのが好きであり、上手に自分の感情をコントロールできる人はさらに向いていると言えます。

思いやりのある人

介護の仕事は利用者の身体に触れることと利用者の話を聞くことが仕事のほとんどだと言っても良いほどです。人の話をよく聞くことができ、どのような要望があってどういった痛みを持っているのかを思いやりを持って接する気持ちを持つことができなければなりません。この気持ちがなければ利用者から信用を得ることができず仕事が上手に進められなくなったり、仕事が上手くいかないストレスで自分自身が潰れてしまうこともあります。

忍耐力のある人

介護の現場は想像よりも厳しいため、中途半端にやってみようという気持ちだけでは長続きはしません。そのため忍耐力がある人は介護福祉士に向いていると言えます。介護を受ける人とのコミュニケーションは他の人と比べてどうしてもスムーズにはいきませんので、こういった場面でもじっくりと話を聞いてコミュニケーションを取ろうとする姿勢を保てる忍耐力は重要です。

体力に自信がある

介護福祉士の仕事内容には利用者の身体介護がありますが、この身体介護ではベッドで体位を変える必要があったり、1日に何回も利用者の体を抱えることがあります。そのため腰痛に悩まされる人も少なくないため、体力面で優れていると向いていると言えます。

冷静な判断力

介護福祉士の対象者は多くが心配を抱えて生活をしています。そのため暖かい雰囲気でその人の話に耳を傾けることが必要です。しかし同情してばかりしていては本人のためにならないことも多くあるため、冷静に物事を判断して助言することも求められます。利用者の要望を全て聞いてしまって利用者を動かさずにいると、そのまま動くことが難しくなってしまうようなことにも繋がりかねません。そのため利用者にとって何が大切かを冷静に見極めて判断できる能力も求められます。

復職する方にもおすすめ!

仕事を探す方法は多岐に渡る

介護の業界自体が人手不足ということもあり、人材を紹介している会社やサイトなども多くあります。そして求人も多くあるため、介護業界の仕事探しの方法は多岐に渡ります。数多くある介護の仕事探しについて紹介しています。続きはこちら