介護福祉士の資格を取得するメリットとは

介護福祉士への道

自分に合った資格取得の行程を選択

介護福祉士はなろうと思ってすぐになれるものではありませんし、いくら筆記試験と実技試験に自信があってもそもそも受験資格がなければ受験することもできません。介護福祉士を目指すのであれば受験資格についてここで理解しておきましょう。

特集カテゴリ 介護福祉士の基本知識
介護福祉士を目指している人へ

福祉系の資格で唯一の国家資格である介護福祉士を目指している人に向けて介護福祉士になるまでのプロセスを紹介しています。またすでに介護福祉士の人にも役に立つ転職に関する情報なども扱っています。連絡先:こちらまでお願い致します。

介護福祉士を目指している人へ

資格取得のメリット

資格取得のメリット
[`evernote` not found]
LINEで送る
Pocket

介護福祉士は国家資格

介護福祉士の資格は初任者研修や実務者研修とは違って現時点では介護福祉系の資格の中で唯一の国家資格です。介護に関する専門的な知識と技術を持つということを国が証明してくれているということですので、雇用をする側としても国が認める福祉系のプロフェッショナルということで安心して雇用することができます。
もちろん国から認められたプロフェッショナルなのでその分高い技術と知識を要求されることは多くなりますが、転職をする際にも有効な資格ですし将来的にも安定した雇用を見込めます。今後はヘルパーの資格が介護福祉士のみに集約される流れがありますが、どうなるかは不確かですので介護福祉士の国家資格を取得しておくことに損はありません。

待遇面でも違いが出る

何年も介護の仕事をしているヘルパーの方で、何年も仕事を続けているのに待遇が変わらず最初の頃と比べて差がないという人は多いと思います。しかし介護福祉士の資格を取得していることで待遇面に差が生じますし、将来的に役職に就きやすいこともあり仕事を続けていくと大きく差が生じていくことにもつながります。
例えば、正社員の介護福祉士の職員は平均で月給24万円となっており、未取得者は20万円です。パートやアルバイトでは介護福祉士は時給1300円が平均となっており、初任者研修などの介護福祉士以外の資格を持つ人は時給が1100円が平均になっています。
これらの例に挙げた給与は有料老人ホームでの一例となっていますが、それでも正社員の場合ですと4万円の差が生じて、パートやアルバイトの場合でも時給で200円も違いが生じています。さらに主任やリーダーの役職にもつきやすいことを考えればより大きな差が生じてくることが考えられます。それほど介護福祉士の資格を取得している人とそうでない人では待遇に差が出やすいです。

仕事の幅

福祉系の国家資格である介護福祉士は社会的認知度と専門職としての信頼感の高さから、ヘルパーの仕事だけではなく管理職の仕事を任される機会も多くなります。そのため仕事の幅が介護を行うだけではなく、その施設の管理や従業員の管理といった仕事にも繋がっていきます。こうした仕事を任されることでキャリアアップに繋がる仕事が増えますので、さらに高いレベルの仕事をすることができる機会が増えるかもしれません。そのため介護福祉士の資格を取得していることで仕事の幅が増えていくことが期待することができます。

復職する方にもおすすめ!

仕事を探す方法は多岐に渡る

介護の業界自体が人手不足ということもあり、人材を紹介している会社やサイトなども多くあります。そして求人も多くあるため、介護業界の仕事探しの方法は多岐に渡ります。数多くある介護の仕事探しについて紹介しています。続きはこちら